第296回「交渉期限はわずか1日。最後まで諦めない韓国。韓中通貨スワップ協定に劇的妥結はあるのか」

第296回「交渉期限はわずか1日。最後まで諦めない韓国。韓中通貨スワップ協定に劇的妥結はあるのか」

■バックナンバー宣伝文

韓中通貨スワップ協定は10月10日に満期を迎えるわけだが、実はこれ9年も延長が続いていたことをご存じだろうか。韓中通貨スワップ協定が締結されたのはリーマン・ショックの後、2008年12月であった。それから9年間も韓国と中国はこの通貨スワップ協定を延長してきた。

数年前の蜜月期間では通貨スワップ協定の規模を560億ドルまで増やした。これは韓国が他国と結んでいる通貨スワップ協定の6割ほど占める金額である。これが満期を迎えたら、韓国の通貨スワップ協定の規模は半分以下となってしまうわけで、韓国政府は必死に藁でもすがる思いで交渉しているようだ。

配信日:2017年10月8日

最新情報は→2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

管理人のサイト→http://kankokukeizai.kill.jp/wordpress/

今週のメルマガは予定を変更して、韓中通貨スワップ協定の話題を特集する。本来、10月10日の満期を迎えた後に結果を知らせようと思っていたのだが、未だに韓国政府や韓国メディアが諦めていなく、無駄な記事を書いているので絶望的な韓中通貨スワップ協定の最新情報を見ておくのも悪くないと。では、早速見ていこう。今回はコラム形式でお送りする。

■韓中通貨スワップ協定は10月10日に満期を迎える

韓中通貨スワップ協定は10月10日に満期を迎えるわけだが、実はこれ9年も延長が続いていたことをご存じだろうか。韓中通貨スワップ協定が締結されたのはリーマン・ショックの後、2008年12月であった。それから9年間も韓国と中国はこの通貨スワップ協定を延長してきた。

数年前の蜜月期間では通貨スワップ協定の規模を560億ドルまで増やした。これは韓国が他国と結んでいる通貨スワップ協定の6割ほど占める金額である。これが満期を迎えたら、韓国の通貨スワップ協定の規模は半分以下となってしまうわけで、韓国政府は必死に藁でもすがる思いで交渉しているようだ。

しかし、韓国がTHAAD配備したので中国が韓中通貨スワップ協定を延長するわけがないのだ。そもそも、延長するなら9月末に決めている。大型連休は10月9日まで。残り1日で560億ドル規模の延長が決定するはずもない。仮に延長が決まればよほど裏でとんでもない条件を吞んだと思っても良いだろう。

しかし、中国にとってTHAAD配備以外に韓国と裏取引できることなんてもう「米軍の情報」ぐらいしかない。しかし、それを流せばスパイとして韓国は確実に切られる。ただでさえ、米韓FTAの見直しに応じない、北への太陽政策でトランプ大統領から嫌われているというのに。

■韓中通貨スワップ協定が満期を迎えたら韓国市場は暴落する?

ネットでは韓中通貨スワップ協定が満期を迎えたら韓国経済は危機だという意見も多数見られるが、管理人は日韓通貨スワップ協定の延長が切れたときのことを考えたら、そこまで大きな影響はないと見ている。何しろ、今の韓国経済は株価やウォンだけ見れば絶好調である。特にサムスン電子の株価が凄いので、韓中通貨スワップ協定の満期ぐらいではびくともしないだろう。しかも、今は日経平均株価が20600円を超すといった中で世界経済も順調に推移している。韓国のKOSPIも2300台である。投資家にはそこまで強い判断材料にはならない。

なら、韓中通貨スワップなんていらないんじゃないかと思うだろう。しかし、なぜか韓国政府は延長しようと必死である。外貨準備高が額面通り、3800億ドルぐらいあれば余裕だと思うのだが、内訳までは公開されていないからな。9割は有価証券としかわからない。韓国政府が火の車の内情を知っての上での判断なら、THAAD配備したのは愚策ということになる。

■韓国は今後、日韓通貨スワップ協定を結ぼうとする

仮に韓中通貨スワップ協定が満期を迎えた場合、次は日本との通貨スワップ協定の交渉に乗り出すと思われる。しかし、日本は日韓慰安婦合意の履行を促しているのに、それもしないで経済協力だけを頼んでくる韓国とは付き合う理由はない。さらに、慰安婦像をソウル市は公共指定物扱いまでした。さらに慰安婦像を市内のバスに乗せて走るなど、どう見ても撤去する気はさらさらないようだ。

でも、しばらくは日本は選挙で忙しいので麻生副総理は相手にしないだろう。信頼できない国との約束事などしても無駄だと述べている。

以上。満期まで延長は絶望的な韓中通貨スワップ協定だが、実際、韓国の自業自得なので中国が悪いと批判したところで、世界からは相手にされないだろう。もちろん、米国も為替介入で使われた経緯があるので、韓国とは通貨スワップ協定を結ぶこともない。結局、一番欲しいドルを手に入れるには日本しかないのだが、そこは丁寧にお断りしていくことがもっとも重要だ。次の通貨危機で韓国は素直にIMFに並んでもらうだけでいい。2度目の席があればの話だが。

■今週の韓国市場

今週の韓国市場は大型連休なのでずっとお休みである。開くのは来週からということになる。

以上。満期まで延長は絶望的な韓中通貨スワップ協定だが、実際、韓国の自業自得なので中国が悪いと批判したところで、世界からは相手にされないだろう。もちろん、米国も為替介入で使われた経緯があるので、韓国とは通貨スワップ協定を結ぶこともない。

結局、一番欲しいドルを手に入れるには日本しかないのだが、そこは丁寧にお断りしていくことがもっとも重要だ。次の通貨危機で韓国は素直にIMFに並んでもらうだけでいい。2度目の席があればの話だが。

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of