第303回「IOCがロシアの参加を禁止。さらにアメリカまで辞退?韓国平昌五輪は最悪な状況に」

第303回「IOCがロシアの参加を禁止。さらにアメリカまで辞退?韓国平昌五輪は最悪な状況に」

■バックナンバー宣伝文

誠に信じられない話しだが、なんと安倍総理を平昌五輪への出席するように韓国側が要請しているようだ。今、朝鮮半島有事という非常事態でもあり、2月なので国会も開いている。そんな中、敵国に近い場所に日本の総理大臣を呼ぶ。もし、何かあったらどうするつもりなのか。安倍総理はいかないとは思うが、日韓慰安婦合意からもうすぐ2年。全く履行もせずに、そこら中に慰安婦像設置している韓国である。しかも、トランプ大統領の訪韓で独島エビや元慰安婦などで日本を激怒させたにもかかわらず、厚かましいとしかいいようがない。日韓慰安婦合意については年末ぐらいに何らかの大きな動きがあるかもしれないので注目しておいてほしい。

配信日:2017年12月10日

最新情報は→2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

管理人のサイト→http://kankokukeizai.kill.jp/wordpress/

今週のメルマガは残り、2ヶ月切った韓国の平昌五輪の最新状況を見ていく。

先週、ロシアが例の国家ドーピングの件でIOCが平昌五輪への出場を禁止するかもしれないという話題をしたわけだが、結局、IOCはロシアの平昌五輪への出場を禁止にした。ただ、中立国として個人的にクリーンな選手の参加認めるそうだ。でも、ロシアという国を背負ってこその五輪であり、IOCの決断は正しいとしても、それが韓国経済的に正しいのか考えると最悪である。ただ、あくまでも韓国経済的な話なので管理人はIOCを批判してるわけではない。そこで、経済的な理由を解説する。

■ロシア参加禁止で平昌五輪は大打撃

まず、ロシア選手の参加がなくなったことでロシアメディアは平昌五輪を放送を中止しようとしている。これだけ放送権料が数億円消える。さらにロシア選手を見たい観光客が一気に減る。これだけではない。ロシアという冬のスポーツ大国が参加しないということは選手にとって非常に痛手となる。世界一の選手が数多く存在するロシアが抜けた五輪でメダルを取っても、それほど価値はないのだ。だいたい、既にアメリカのアイスホッケーのプロリーグのチームが参加をしないと以前にも取り上げた。平昌五輪への関心はますます遠のくということだ。では、チケットはどれだけ売れたのか。

■チケットの販売状況

今、チケットは最新情報で52%売れており、残りは小中学生にチケットをあげて導入するという動きがあるのだが、そもそも、宿泊場が通常の価格の10倍以上という理解不能なぼったくり価格である。だから、中国人観光客はそのようなぼったくりを批判している。THAAD配備、例の3不+1限でせっかく、韓中関係は改善し、中国人観光客を呼び込もうとしても、ホテルや飲食業、サービス業などが全てぼったくりなので、また平昌五輪に来るのはほとんど関係者ぐらいだろう。

■安倍総理が平昌五輪への出席する?

誠に信じられない話しだが、なんと安倍総理を平昌五輪への出席するように韓国側が要請しているようだ。今、朝鮮半島有事という非常事態でもあり、2月なので国会も開いている。そんな中、敵国に近い場所に日本の総理大臣を呼ぶ。もし、何かあったらどうするつもりなのか。安倍総理はいかないとは思うが、日韓慰安婦合意からもうすぐ2年。全く履行もせずに、そこら中に慰安婦像設置している韓国である。しかも、トランプ大統領の訪韓で独島エビや元慰安婦などで日本を激怒させたにもかかわらず、厚かましいとしかいいようがない。日韓慰安婦合意については年末ぐらいに何らかの大きな動きがあるかもしれないので注目しておいてほしい。

■米国連大使が参加を憂慮

先日、北朝鮮がまたもや弾道ミサイルを発射したことで、アメリカは激怒した。2ヶ月半、何もしなかったのにいきなり発射してことで、米国では戦争ムードが高まっている。そんな中、在韓米軍の家族を帰国させるなどもあり、米国連大使が平昌五輪へ参加は「未解決」と憂慮している。つまり、安全性が確認できないのだ。アメリカの選手が人質に取られる可能性もある。最近、北朝鮮の木造船が日本の無人島で1000万近くの窃盗を働いたことで逮捕されたこともあり、日本にすら、工作員が紛れているのだから、陸続きの韓国なら容易に先入できるわけだ。米国連大使が憂慮するのも致し方がない。

以上。平昌五輪の最新情報を紹介した。ロシアに続いてアメリカまで参加しないとなれば、欧州も空気を読んで参加辞退してくるかもしれない。日本も人質にされないためにボイコットしたほうがいい。

■今週の韓国市場

日付 KOSPI ウォン KOSDAQ 先物 外国人(ウォン)

04日 2501.67 1088.70 782.45 328.77 1763億
05日 2508.11 1083.50 775.55 329.16 554億
06日 2479.50 1093.70 769.15 325.30 -3366億 
07日 2465.74 1091.80 755.56 324.19 -4686億
08日 2463.22 1093.10 745.94 324.57 -582億← サムスン電子260万ウォン…2.48%↑

今週の市場はメジャーSQ日の週ということもあり、全体的に利益確定売りが多かった。日本の市場もそうだったし、韓国も半導体関連がさがっていた。サムスン電子はメジャーSQ日であり、2%ほどあげているが、それでも260万と勢いは止まっている。おそらく、この流れはアメリカが利上げを行うということで来週も続くのではないかと。12月で年末。北朝鮮有事もあるのだが、緊張していても始まらないのでクリスマスを祝ったり、お正月の用意に大掃除をしたりと日々の生活を大切にして欲しい。いつ戦争になるかはわからない。けれども、慌ててもどうしようもない。アメリカと北朝鮮次第という。

さて、次回はタックスヘイブンについて特集する。なんと韓国が欧州のタックスヘイブン、租税回避地へブラックリスト入りしたのだ。一体どういうことか解説していく。

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of