第319回「韓国GMは法定管理申請となるのか 30万人の雇用影響は韓国自動車危機を勃発させる!?」

第319回「韓国GMは法定管理申請となるのか 30万人の雇用影響は韓国自動車危機を勃発させる!?」

■バックナンバー宣伝文

しかし、韓国GMとの労使合意案は福祉厚生費用100億円以上の減少、工場1閉鎖、数千人の希望退職、賃金の減少などが条件となる。つまり、受け入れた瞬間に労働組合そのものが縮小されることは確実である。

どのみち工場閉鎖は免れない。しかも、希望退職しかないので雇用も保障されない。就職が厳しい韓国で今、仕事を探すならチキン屋しかない。だが、若者ならともかく、誰が韓国GMで甘い汁を吸っていた労働者を雇うのだ?なんと年収は900万以上である。トヨタの社員よりもらっているのではないかと

配信日:2019年4月22日

最新情報は→2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

管理人のサイト→http://kankokukeizai.kill.jp/wordpress/

今週のメルマガの話題は韓国GM法定管理申請である。メルマガを書いている段階では4月20日のタイムリミットであった韓国GMと労使側との交渉は決裂した。そして、4月23日に取締役会を開き、そこで法定管理申請をするかどうかを決めるという。一応、交渉は続けるということでタイムリミットが3日伸びたことになる。

しかし、韓国GMとの労使合意案は福祉厚生費用100億円以上の減少、工場1閉鎖、数千人の希望退職、賃金の減少などが条件となる。つまり、受け入れた瞬間に労働組合そのものが縮小されることは確実である。

どのみち工場閉鎖は免れない。しかも、希望退職しかないので雇用も保障されない。就職が厳しい韓国で今、仕事を探すならチキン屋しかない。だが、若者ならともかく、誰が韓国GMで甘い汁を吸っていた労働者を雇うのだ?なんと年収は900万以上である。トヨタの社員よりもらっているのではないかと。

こういう事態になることは容易に想定されるので反対しているわけだが、法定管理申請になれば全ての工場は閉鎖。韓国GMそのものも清算。数百ある代理店も破産。その影響は30万人にも及ぶという。しかし、実際、それだけではないだろう。韓国GM破産がきっかけに外資が韓国から抜け出すことも十分、考えられる。何しろ、社長室に約50人で鉄パイプ振り回して机や椅子を破壊するような連中だ。どこの国もいらないだろう。

普通の発想なら、自分たちの待遇、数千人を犠牲にして30万人を助けようという話になるのだが、韓国人はそうはならない。いや、クムホタイヤやSTX造船は労使が劇的に妥結して、それで清算を免れたわけだから、追い詰められたら手のひらを翻す可能性はゼロではない。

しかし、妥結しようが、鉄パイプ事件から見れば一目瞭然で、工場縮小して、新車や売れるものは中国や他国でGMは生産シフトしていくだろう。つまり、撤退するのが速いか、遅いかの違いでしかない。それだけ韓国の労働組合は経営者にとって悪魔なのだ。

このメルマガでその悪魔の所業については現代自動車、双竜自動車の労働組合のストライキなどを色々と紹介してきた。しかも、今回の韓国政府はなんと韓国の労働組合に一方的に味方をしているのだ。労働組合そのものが北朝鮮シンパである。その代表である文在寅大統領が応援しないわけないんだよな。

来週のメルマガを書く頃には結果は出ていると思うのだが、どちらに転んでも韓国自動車危機であることに変わりない。結局、労働組合が強すぎるのは経営者にとっては邪魔な存在でしかないのだ。しかも、韓国の場合はストライキ中でも給料が発生する。勝手に解雇することはできないし、さらに給料の賃上げ、待遇改善を毎年、要求される。会社の経営状況など一切、関係なくだ。でも、そんな法律をまともに改善しようという韓国議員は出てこない。どうしてなのだろうな。

このようなことをサイトで書いていたら、読者様の1人が韓国の労働組合について「たこが自分の足を食べるのに似ている」と述べていた。本当、その例えが的確だと思う。

■今週の韓国市場

日付 KOSPI ウォン KOSDAQ 先物 外国人(ウォン)

16日 2457.49 1074.00 896.43 315.17 -386億

17日 2453.77 1067.00 901.22 314.64 -2752億

18日 2479.98 1068.70 893.32 318.64 3508億

19日 2486.09 1061.50 882.76 320.12 1769億

20日 2476.33 1067.30 889.17 317.89 -4906億←TSMC 6%急落に下落…1.75%、サムスン電子258万1000ウォン…-2.20%

今週の韓国市場は外国勢がほとんど投げ売りをしている。特に20日のTSMC 6%急落に下落の影響でIT関連株に投げ売りが増えて、サムスン電子258万1000ウォンの-2.20%下落した。これについて解説しておく。

半導体大手TSMCが2018年の売上高予想を従来の10~15%増から10%増に引き下げた。その理由は仮想通貨のマイニング需要の先行きが不透明になったためという。そもそも、仮想通貨のマイニング需要という言葉が聞き慣れないと思う。

管理人は知っていたのだが、仮想通貨では「マイニング」という言葉が使われる。それで簡単に言えば、仮想通貨の取引履歴の記録システムに参加すること。どこが簡単なのかと思うかも知れないが、仮想通貨の取引情報というのはシステムに参加した「コンピュータ内」で保持している。

つまり、取引に参加したコンピュータしか記録を持っていない。ビットコインなどの取引に参加したい場合はPCが必要になるわけだ。もっとも、今は企業が「ウォレット」を提供して、民間人用に取引所を造っている。だから、ウォレットってなんだよと思うかもしれないが、要するに企業がマイニングを行ってそのサービスを一般人に提供している状態をいう。そして、マイニングを行う企業にただのPCではなく高性能なパソコンがいるわけだ。そこに高性能なDRAMが使われる。これがマイニング需要だ。

さて、話を戻すが、TSMCは第1四半期の仮想通貨マイニング需要は大きく、第2四半期も需要は続くと述べた。しかし仮想通貨のマイニングハードウェアに使用される28ナノメーターの製造ラインの需要が弱まる可能性も懸念しているという。

マイニングを行う企業は高性能なPCがいるわけだが、その需要が弱まるから半導体価格が下がるのではないかと。それで6%急落したというのが今回の話だが、仮想通貨の知識がないと、さっぱり理解できなかったと思う。時間があれば仮想通貨について取り上げたいのだが、今後、韓国経済そのもののイベントは色々あるのでいつになるかはわからない。韓国GM、南北首脳会談、米朝首脳会談など、ざっとあげただけでも本当に色々あるのだ。

以上。次回も韓国GMの進退について特集する予定だ。法定管理申請なのか。劇的妥結になるかは全ては労使の決断次第ということになる。

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of