日別アーカイブ: 2020年3月4日

第330回「日本より最低賃金が高くなった韓国だが、雇用は過去最悪となる」

第330回「日本より最低賃金が高くなった韓国だが、雇用は過去最悪となる」

■バックナンバー宣伝文

そして、2018年はトランプ大統領という台風が韓国経済を強襲した。米韓FTA再交渉、鉄鋼・アルミニウムへの関税、米中貿易戦争と、まさに韓国にとっては吹き荒れる嵐の中、耐えるしかないという。だが、文在寅大統領はその風に立ち向かうとばかりに、最低賃金引き上げを10%ほど行った。さらに週52時間と働く時間を制限する働き方改革もスタートした。ただ、最低賃金の大幅引き上げがどのような結果になるかなんて火を見るより明らかである。愚策をさらに重ねると。

配信日:2018年7月22日

最新情報は→2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

管理人のサイト→http://kankokukeizai.kill.jp/wordpress/

今週の韓国経済は韓国の最低賃金引き上げについてである。2017年5月、文在寅大統領は2020年までの最低賃金の公約1万ウォンを掲げて選挙で当選した。そして、その公約を守るために最低賃金を2018年は16%ほど上げて7530ウォンに上昇させた。

この時も製造業や零細企業からかなりの反発があったのだが、文在寅大統領は高い支持率に後押しされて最低賃金引き上げを実行した。それから1年、最低賃金引き上げの効果は出た。雇用が「減少」したのだ。ええ?それって効果が出たんじゃなくて、むしろ、逆効果ではと思うかもしれない。はっきり述べておくと、誰もが予想した通りになったのならそれは効果が出たである。なぜなら、最低賃金を一度に16%も引き上げたら、企業が対応できるはずないからである。ちなみに日本円で直すときは1桁取って頂きたい。つまり、10000ウォンは1000円ぐらいになる。

こういうのは「目に見える地雷」とか管理人は述べていたが、最低賃金引き上げそのものは別に悪くない経済政策だったのだ。問題はその引き上げ金額と公約そのものが韓国経済が耐えられる水準ではないということだ。どういうことなのか。文在寅大統領は、2020年に最低賃金を引き上げて10000ウォンを超えることが目的としていた。だから、文在寅大統領の思惑はこうなる。

2017年は16.2%あげて7530ウォン。残り、2470ウォンなので単純に考えたら、2018年にさらに16%、2019年にさらに16%でだいたい1万ウォンになる。つまり、この最低賃金引き上げは3年で50%近くあげないと達成できない数値だったのだ。この時点で机上の空論であるのだが、それを実行するのが文在寅大統領であった。

しかし、1年に16%あげただけで企業は悲鳴を上げて、雇用は減少、機械化が促進される結果となった。韓国メディアのほとんどが最低賃金引き上げの影響で雇用悪化と書き立てた。ちなみにこれに伴い韓国政府は3000億円を使って零細企業支援をしているのだが、たかが3000億円で穴埋めができるわけもないという。

なら、ここで文在寅大統領は最低賃金引き上げを止めるかと思えば、さらに、10%上昇させて、2019年は8350ウォンとなった。これが先週の動きである。そして、コンビニや飲食店などの個人営業や零細企業から猛反発を食らっていると。しかし、2020年にまで最低賃金1万ウォン達成は諦めたようで、おそらく任期まで達成しようと動いている。これなら、2020年、2021年に825ウォンずつあげれば最低賃金1万ウォンに達成可能だ。計算上は。

しかし、16%アップの7350ウォンで苦しいと述べていた飲食店やコンビニが、さらに10%アップに耐えることができるわけもない。なら、どうするか。当然、商品の値上げである。朝鮮ビーズによると、韓国外食産業研究院が昨年3月に外食店300社を調査した結果によると、応答業者の24.2%が最低賃金引き上げに応じて食品の値を上げたと答えた。 また、外食産業の78.6%は、今後のメニューの価格を引き上げる計画だという。つまり、物価の高騰は避けられない。インフレ待ったなしと。だが、韓国の場合はメルマガでも指摘した通り、これから景気は好調から不況に向かうので、実際はスタグフレーションである。

さらに、韓国は米国が金利を上げているのに韓国は金利を上げることができないのだ。あげられない理由は負債の増加もあるが、景気が悪いところに金利を上げたら、さらに投資が落ち込んでしまうためでもある。実際、今の韓国経済の指標は酷い有様である。どれぐらい酷いか例を中央日報から出そう。

>景気下降に対する懸念がいつになく大きい。統計庁がこのほど発表した5月の景気循環時計を見ると、生産・消費・投資・雇用など10大経済指標のうち9項目で「鈍化」または「下降」を示した。就業者数と設備投資指数、企業景況指数、建設既成額などが代表的だ。景気転換点を判断する基準である同行指数循環変動値は1年前をピークに下がり続けている。

(http://japanese.joins.com/article/216/243216.html?servcode=300)

なんと10大経済指標で10項目のうち9項目で景気が悪化しているという数値が出ているのだ。2017年は米国経済が好調で、原油価格の高騰もあり、韓国経済にとってはまさにボーナスステージとなって、3.1%という高い成長率となった。サムスン電子の株価が1年で2倍になったことを考えれば、韓国に追い風が吹いていた。だが、その風を文在寅大統領は止めてしまった。

そして、2018年はトランプ大統領という台風が韓国経済を強襲した。米韓FTA再交渉、鉄鋼・アルミニウムへの関税、米中貿易戦争と、まさに韓国にとっては吹き荒れる嵐の中、耐えるしかないという。だが、文在寅大統領はその風に立ち向かうとばかりに、最低賃金引き上げを10%ほど行った。さらに週52時間と働く時間を制限する働き方改革もスタートした。ただ、最低賃金の大幅引き上げがどのような結果になるかなんて火を見るより明らかである。愚策をさらに重ねると。

だから、韓国経済が悪化するのは「これから」である。最近、悪いニュースばかりが多いのだが、数値的にはそこまで酷くはない。今年の成長予想も3.0%から2.9%に引き下げられたぐらいだ。しかし、確実に悪化することは予想されるので、今後も注目して頂きたい。

■今週の韓国市場

日付 KOSPI ウォン KOSDAQ 先物 外国人(ウォン)

16日 2301.99 1129,20 825.71 297.37 -455億
17日 2297.92 1124.10 819.72 296.88 -1387億←コスピ、取り引き不振の中2,300線離脱…外国人’売り’持続
18日 2290.11 1132.30 810.49 296.47 912億
19日 2282.79 1133.20 796.49 295.90 532億
20日 2289.19 1133.70 791.61 296.95 -1215億

今週の韓国市場は外国人の売りが目立ち、KOSPIが2300を割れている。ウォンも1133とウォン安となっているのだが、韓国の為替レート範囲で有利な1100~1150からは逸脱してないので輸出には有利といえる。世界の為替レートはトランプ大統領のTwitter発言で大騒ぎなのだが、中々、どうなるかは予想できない。米中貿易戦争も長期化する可能性も出てきており、その金額も最大で5000億ドルとかいわれている。内外で韓国経済が取り巻く状況は悪化の一途といっていい。

以上。今週はこれで終わる。来週の予定だが、最近、韓国政府を相手取り、外国企業がISD訴訟を起こしている。そして、1件目の結果が出て韓国政府は負けたのだが、ISD訴訟といえばローンスター社が起こしたものの規模が大きい。これらのISD訴訟の現状を見ていく予定だ。

第329回「自動車輸出減少、それでも賃上げと現代自動車の内外危機」

第329回「自動車輸出減少、それでも賃上げと現代自動車の内外危機」

今週のメルマガは韓国でサムスン電子に次ぐ、第2の企業「現代自動車」の危機である。さすがにこのまま現代自動車が経営破綻なんていうことはまずないのだが、それでも危機と呼べるほどの悪材料を抱えている。それも内と外で。順番に追っていく。まずは外からだ。

■バックナンバー宣伝文

配信日:2018年7月15日

最新情報は→2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

管理人のサイト→http://kankokukeizai.kill.jp/wordpress/

■韓国製自動車輸出の減少

これは現代自動車だけではなく、韓国の自動車生産がどんどん落ちているということ。中国には一気に抜かれて5位に、その後、順位を少しずつ下降させて、インド,メキシコに抜かれて7位に転落した。そして、もうすぐスペインにまで抜かれて8位となるようだ。自動車生産上位10カ国のうち2年連続で減少を記録したのは韓国だけという。

その原因というのは米中といった主力市場での現代自動車の苦戦である。しかも、これはまだ米中貿易戦争前の話である。仮に米中貿易戦争が長期化すれば、韓国自動車にとっては厳しい展開が待っている。

また、メルマガでも何度か特集したが、韓国GMの群山工場が閉鎖され韓国での生産量が大幅に減った。ルノーサムスン自動車も販売量が振るわない。このように、韓国自動車に良いニュースがない。しかも、日本のトヨタ(韓国トヨタ)やフォルクスワーゲンなどが韓国で売上を伸ばしているともいう。気が付いたら自国内での自動車市場も他国のメーカーに攻略されていきそうな展開である。

■現代労組の賃上げストライキ

外では他国の自動車企業に押されている現代自動車だが、内では世界災凶の労働組合「現代労組」に足下を見られている。現代労組は今年も賃上げストライキを行う予定で、既に投票で可決された。

ストライキを行う権利は合法なので、それを止める手段はないのだが、韓国自動車企業そのものが苦しい時期において、毎年、人件費のコストが増大しているわけだ。既に、その賃金はトヨタやフォルクスワーゲンなどよりも、現代自動車の方が高いという。こうして現代自動車は今後、ますます、厳しい情勢に立たされている。

しかも、この先、どれだけ利益を下げようが、労働組合が存在する限り、毎年、賃上げ要求なされる、決裂したらストライキを起こして工場ストップさせて、大きな損失まで出させるのだから最悪である。しかし、これは別に現代労組だけではないのだ。韓国の労働組合はだいたいそれである。

例えば、1兆ウォンで救済された韓国の大宇造船海洋。今年、政府の一時金が入ったことで黒字になったのだが、それを労働組合はもう黒字化したので賃金あげろという要求である。自分たちは誰の税金で給料をもらっていることすら華麗に忘れているようだ。

この労働組合が韓国で強い力を発揮することがどれだけマイナスなのか。わりと中央日報などが取り上げているが,それを是正しようという動きが全く出てこない。これは相当,政府支援の裏に労働組合が多数存在していると想われる。

■今週の韓国市場

日付 KOSPI ウォン KOSDAQ 先物 外国人〔ウォン〕

09日 2285.80 1112.20 808.28 295.20 -590億
10日 2294.16 1116.00 813.18 296.19 333億
11日 2280.62 1120.00 804.78 294.43 309億
12日 2285.03 1125.90 819.31 294.41 -136億
13日 2310.90 1123.50 827.90 298.65 2249億←DFドル-ウォン1,135ウォン台に12ウォン急騰、中国、貿易戦争渦中に6月対米貿易黒字史上最大

今週の韓国市場は13日に注目していただきたい。一時的ではあるが、1135ウォンまで下がった。この範囲ならウォン安有利なのでそこまで騒ぐことはないが,もう一つが中国、貿易戦争渦中に6月対米貿易黒字史上最大という。中国の6月対米貿易黒字が前月の245億8千万ドルより17.86%増えた289億7千万ドル。

米中貿易戦争が開催されたばかりにこの発表である。でも、289億ドルだからな。30兆円ぐらいか。ばく大すぎるな。トランプ大統領が問題視するわけだ。どのみち、中国の為替操作を放置して,貿易で稼がせていけば、中国の強大化は避けられない。自由市場ですらないのに為替レートを調整し放題とか。世界は一刻も速く中国包囲網を完成させるべきだな。

以上。今週はこれで終わる。次回は韓国の最低賃金の引き上げに動きがあった。750円から85円ほど増えて、2019年には835円に決まったのだが、これを経営側が反対している。その辺りを詳しく見ていこう

第328回「米中貿易戦争が勃発!最終的に5500億ドル規模になるとも。韓国はどうなるのか」

第328回「米中貿易戦争が勃発!最終的に5500億ドル規模になるとも。韓国はどうなるのか」

■バックナンバー宣伝文

さらに、この米中貿易戦争が自動車全体に飛び火することも懸念されている。米国は2017年だけで3590億ドル相当の自動車を輸入している。この輸入自動車に関税が20%かかるとすれば、718億ドル増えることになり、日本円だと7兆円ぐらいだろうか。この7兆円が米国の消費者が負担することになる。買わないという選択もなくはないが、米国は国土が広いので自動車なしの生活などまず考えられない。なら、米国産を購入するのか。これもどうなんだろうな。

配信日:2018年7月8日

最新情報は→2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

管理人のサイト→http://kankokukeizai.kill.jp/wordpress/

今週の韓国経済のメルマガは7月6日、13時1分から開始された米中貿易戦争を特集する。中国の知的財産権の侵害の制裁として、米国が340億ドル規模の追加関税を実地した。中国が米国を始め、欧州、日本などの知的財産権の侵害をしていることは言うまでもない。

だから、実際、中国側に欧州が付くことはないわけだが、どうして中国は知的財産権の侵害をスルーしているのかは疑問に思う。取り締まれば産業そのものが成り立たないのか。だが、このまま中国が世界中にコピー製品を輸出し続けるのはそれを開発してきた企業にとっては死活問題である。やはり、ライセンス料,著作権料など支払う必要があるわけだ。

一方的に中国が悪いのは明白だが、あろうことか、中国は米国の制裁に対してすぐさま,同規模の制裁を実地した。全面戦争に突入である。それで、まず、どこが大きな影響を受けるのか。例えば、自動車だ。

米国で生産した自動車を中国で販売するドイツのBMWは値上げを検討しているようだ。他にも米フォードは現状維持という。このように各企業、対応はまちまちだが、340億ドル規模で済むはずもないので、この先、多くの企業がコスト増となるので苦しくなる。他にも日本の自動車企業も関税の引き上げで苦しくなるといわれている。

さらに、この米中貿易戦争が自動車全体に飛び火することも懸念されている。米国は2017年だけで3590億ドル相当の自動車を輸入している。この輸入自動車に関税が20%かかるとすれば、718億ドル増えることになり、日本円だと7兆円ぐらいだろうか。この7兆円が米国の消費者が負担することになる。買わないという選択もなくはないが、米国は国土が広いので自動車なしの生活などまず考えられない。なら、米国産を購入するのか。これもどうなんだろうな。

7兆円の負担となれば好調であるはずの米経済を失速させてしまうかもしれない。FRBの利上げもあるので、この辺の動きは注目だ。

■韓国はどうなるのか

最後に韓国についてだが、米中貿易戦争が開始された7月6日の市場はウォン安と株高だった。中国市場も上昇しており、わりと市場は織り込み済みといったところ。多くの投資家は両者が痛い眼に遭って妥協することになると。株価への影響は限定的とした。

この予想が当たるかは知らないが、少なくとも米中がやり合えば韓国にとっては死活問題になる恐れがある。先ほど、述べた自動車だって韓国製にも高い関税がかけられる可能性はある。しかも、まだ340億ドルですらただのジャブである。

トランプ大統領は最大で5500億ドル規模になるとしている。この規模は中国の貿易黒字より、明らかに多い。もっともさすがに5500億ドルとかいわれても、誰も信じてない。そういう意味で韓国への限定的ともいっていいし、今ならウォン安でのメリットもある。ただ、どう転ぶかはわからない以上は備えるしかないわけだ。

■今週の韓国市場

日付 KOSPI ウォン KOSDAQ 先物 外国人(ウォン)
02日 2271.54 1120.00 789.82 292.93 1154億
03日 2272.76 1118.70 795.72 293.35 2013億
04日 2265.46 1114.50 799.09 292.26 1億
05日 2257.55 1118.60 794.05 291.63 -931億
06日 2272.87 1115.90 808.89 293.11 -3810億

米中貿易戦争前はこのように推移している。KOSPIが2300割れ。ウォンは一定値を保っているが、米中貿易戦争後の6日には外国人が投げ売りしている。しかし、KOSPIが上昇、ウォン安となっているのは見ての通りだ。

以上。今週はこれで終わる。次回のメルマガだが、韓国労組によるストライキ準備が始まっている。現代労組をはじめとするものだが、まさかの大宇造船海洋の労組も賃上げを要求しだした。2兆円以上の公的資金で破綻を免れたあの造船会社である。一体どうなっているのかを見ていこう。

第327回「ロシア杯、韓国はファール数最多でグループリーグ敗退もドイツに勝利」

第327回「ロシア杯、韓国はファール数最多でグループリーグ敗退もドイツに勝利」

■バックナンバー宣伝文

ただ、ファールが多いのが見ていて気になった。それで調べたら。スウェーデン戦で23個、メキシコ戦で24個、ドイツ戦で16個,合計63個で大会最多となった。実力で選手を止められないので、無理にファールをしていたようにも思える。もっとも、相手国からすれば次があるのに選手を潰されたらたまらない

配信日:2018年7月1日

最新情報は→2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

管理人のサイト→http://kankokukeizai.kill.jp/wordpress/

今週のメルマガは、今、世界中で話題沸騰中のサッカーワールドカップロシア杯。主に特集するのは韓国の話題であるのだが、韓国はグループリーグ敗退した。順位的に3位ということで、ドイツは4位となった。しかも、最後はドイツに2-0で勝つという偉業を成し遂げた。ただ、グループリーグ敗退したら偉業も何もそこまでだ。ドイツに2点目は最後、キーパーの飛び出しだったので、実質1点であるのだが、その1点を取った。

管理人も試合を視聴していたのだが、まさかの展開に驚き。ただ、ドイツはボールを奪って占有率は圧倒的になのに、そこから点に結びつかないという。そこがいつもの強豪ドイツとは異なっていた。

■ドイツに勝ったがファール数が最多

韓国選手が最後まで頑張ってドイツに勝ったことは賞賛したいところではあるのだが、

ただ、ファールが多いのが見ていて気になった。それで調べたら。スウェーデン戦で23個、メキシコ戦で24個、ドイツ戦で16個,合計63個で大会最多となった。実力で選手を止められないので、無理にファールをしていたようにも思える。もっとも、相手国からすれば次があるのに選手を潰されたらたまらない。

なので、このようなファールだらけの試合は見ていて楽しくはなかった。でも、グループリーグ敗退ということで韓国はこれで敗退した。ドイツに勝ったことで自慢しているようだが、今大会、調子が悪いドイツに勝ったところで、ランキングがドイツより上になるわけでもない。

■韓国人の愛国心と日本人の愛国心

ただ、帰国した選手に卵を投げつけるなどはやり過ぎである。試合に負けたときもあるネットユーザーがスウェーデンにミサイル撃てとか、大統領府の請願に書き込んでいたことも行き過ぎだろう。最近、韓国はこのような歪んだ愛国心が顕著に見られるようになっている。平昌五輪もそうだったが、こういう愛国心は国を壊すことに繋がるかもしれない。もっとも日本人みたいに愛国心がないのも困るのだが、

でも、RADWIMPSのHINOMARUの歌詞を巡って共産系がネットで批判活動をして、ライブ会場前で抗議デモしようとしたら違法駐車で逮捕された。デモはわずか3名だったそうだ。さすがに、販売停止やCD回収まで求めていたことで多くの日本人が反発した結果、Amazonランキング1位、カップリング曲の方が売れているという。多くの日本人が応援したことでの大きな運動となった。日本が好きだという気持ちを歌詞にのせることはヘイトスピーチのはずはない。表現の自由だ。だから、謝罪したのは間違いである。

■日本はグループリーグ突破!

一方、日本はグループリーグ突破した。視聴率が50%越えたそうなので、誰もが知っていそうな話題ではあるのだが、最後のパス回しで日本人に賛否両論だと。ただ、野球ファンの管理人からすれば、勝負から逃げることも立派な戦術なので、こういう勝負の時に高い可能性にかけることも稀にあるんじゃないかと。苦渋の決断であったとおもうが、野球関係者から擁護が多数あったのは中々,面白かった。勝ちのこだわりが伝わってきた。

勝負して欲しいとはおもうが、それで失点やファールしてフェアプレイポイント差で負けることになれば本末転倒だった。セネガル頼りだった戦術であることに代わりないが、ポーランドもカウンターで負けたくないので積極的に攻めてこなかった。結果的にどちらの思惑も一致したというところか。色々あると思うが、ベルギー戦で爽快な試合をしてくれたらいいだろう。相手は格上なので勝てる可能性は低いと思うが、韓国だって誰も勝てないと思っていたドイツに勝ったんだし、大番狂わせ、ジャイアントキリングだってあるかもしれない。

■今週の韓国市場

日付 KOSPI ウォン KOSDAQ 先物 外国人(ウォン)

25日 2357.88 1117.20 836.00 303.37 -1128億

26日 2350.92 1114.80 831.40 302.76 -3465億

27日 2342.03 1117.60 826.69 302.25 745億

28日 2314.24 1124.20 810.20 298.26 -2588億

29日 2326.13 1114.50 818.22 299.66 1665億

今週の市場は大きく動いた。原因は欧州で起きているイタリアやスペインなどの経済不安。ドイツ銀行のストレステストの不合格。トランプ大統領の世界を相手の貿易戦争。韓国経済はこのような経済的な不安材料で一気にキャピタルフライトが起きた。外国人の投げ売りである。一時KOSPIは2300以下となった。だいぶ下がってきているのだが、そもそも、サムスン電子のおかげで上がっているKOSPIなので、サムスン電子が好調なら2000以下になるのは難しいとみている。

でも、ウォン安がここまで進めば輸出には有利だ。価格で優位に立てるだろう。

以上。今週はこれで終わる。さて、次回は米中貿易戦争のタイムリミットが迫っている。今のところはどちらも引かない。このまま500億ドル規模の制裁が始まるのか。さらにEU情勢の不安定さ。移民に対する各国の思惑。移民問題は欧州経済を語る上では既に重要な項目となっている。イスラムの移民だけではなく、中華系の移民などもそうだ。そういう意味では来週、何を取り上げるかは未定にしたおいたほうが良いだろう。

韓国経済に1番影響がありそうで、興味深い話題を特集するつもりだ。